連合が学校の働き方改革で集会 「夏までが勝負」

日本労働組合総連合会(連合)は1月22日、都内で「学校における働き方改革実現集会」を開催した。教員を含む約300人の会員が出席。中教審「学校における働き方改革特別部会」の委員である相原康伸連合事務局長が登壇し、「最終まとめ」に向けた特別部会での議論について、「夏までが勝負。学校現場の実感を伝えよう」と訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。