児童の7割「手伝い増えた」 「おてつだいちょう」で効果

茨城県教委は1月23日、小学1年生に配布している「おてつだいちょう」の活用効果を検証する調査の結果を公表した。児童の7割と保護者の4割が、「以前より手伝いの回数が増えた」と回答。子供をほめるきっかけになったり、何事にも積極的になったりするなど、プラスの効果が報告された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。