「震災を思い出し落ち着かなくなる」 小5で1割超

宮城県は1月23日、同県の児童生徒を対象に実施した「2017年度学習意識調査」の結果を公表した。依然として1割以上の小学5年生が、現在でも突然、東日本大震災を思い出し、「授業に集中できない」「気持ちが落ち着かなくなる」と回答した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。