「キラキラネーム」半数の親が敬遠 名付け調査

生まれてくるわが子の名を決めるに当たり、親が意識するのは「音の響き」や「字画」――。子供服メーカーのミキハウスは1月25日、子供の名付けに関する調査結果を公表した。自分たちのセンスや感覚に頼った「音の響き」を重視する一方で、伝統的な姓名判断も参考にする現代の親の姿が浮かび上がった。また、一風変わった読み方や単語を用いた「キラキラネーム」は、半数の親が避けると回答。一般的な名前への回帰傾向がみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。