保育利用者らから意見聴取 「待機児童解消を優先して」

政府は1月23日、3~5歳の幼児教育・保育の無償化に向け、認可外保育施設の対象範囲を検討する有識者会議の初会合を内閣府で開いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。