複数部活動の参加推進 都のスポーツ推進総合計画で

東京都教委は1月25日、第2回定例会を開催し、「東京都スポーツ推進総合計画(仮称)」に関する委員の意見聴取を行った。東京オリンピック・パラリンピックなどを見据え、教員の負担軽減を図りつつ、児童生徒の体力向上や部活動の充実などを図る。特に、「スーパーアクティブスクール」に指定された中学校では、生徒が複数の運動部活動に参加できるなどの取り組みを推進する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。