いじめ防止啓発パンフレット 京都市が作成

小学校低学年用のパンフレットの表紙と有識者からのメッセージ
小学校低学年用のパンフレットの表紙と有識者からのメッセージ

京都市教委はこのほど、いじめ防止への理解・認識を深めるのを目的とした「いじめ防止啓発パンフレット」を作成し、全市立小・中・高校と総合支援学校の児童生徒、保護者に配布した。配布総数は約22万部。

子供向けのパンフレットは、小学1~3年生用、小学4~6年生用、中学生用、高校生用の4種類。▽友達の良いところに気づいたり、言葉の使い方に気を付ける▽いじめが友達の心を傷つける▽周囲には必ず味方がいるので、相談する▽良い学級・学校づくりのために、何ができるか考えて実行する――の4点に子供たちが気づき、自分で考え理解を深めていけるよう、記入欄を設けたり、イラストで視覚的に伝わりやすいように工夫した。中・高校生用には、薬物乱用防止の観点も盛り込んだ。

保護者用には、子供が安心して生活できるよう、家庭におけるいじめについての子供との向き合い方に焦点をあて、▽いじめはどの子供にも、どの学校にも起こり得る▽いじめ早期発見のためのサインチェックシート▽条例や取り組みの内容▽学校以外の相談先――などの構成で内容をまとめた。

いずれのパンフレットにも、「京都市子どもの豊かな心と規範意識を育む関係者会議」に参加する大学教授や弁護士、スクールカウンセラーからのメッセージを収めた。

関連記事