前頭葉の先端部が「無知の知」を司る 世界初の発見

順天堂大学の宮本健太郎研究員らの研究研究グループは1月26日、脳の前頭葉の先端部(前頭極)が、自分自身の無知に対する自覚(「無知の知」)を司っていると、世界で初めて発見したと発表した。この成果は、メタ認知を行う際に働く大脳のメカニズムを解明し、脳機能の科学的根拠に基づいた効果的な教育法の開発などに貢献すると期待される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。