警視庁とLINEが連携 学校などでネット教室を開催へ

警視庁とLINEは1月26日、インターネット上での児童生徒の非行や被害防止に向けた、連携協力の覚書を交わした。4月1日から都内の小・中・高校などに、「みんなで学ぶ~TOKYOネット教室」と題した講座を提供し、児童生徒や保護者らを対象にネットの安全教育を行う。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。