ICTで教職員の働き方の転換図る 佐賀県多久市

佐賀県多久市は1月26日、ICTによる「教職員の働き方と児童生徒の学び方改革プロジェクト」に取り組むと発表した。日本マイクロソフト、ソフトバンクコマース&サービスと連携する。クラウド型システムの導入により、学習資料の作成や成績処理、事務手続きなどの業務を教職員がテレワークで行えるようにし、残業時間の縮減や子供と向き合う時間の確保などにつなげて、教員の働き方と、学習方法の転換を図る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。