文科大臣賞に長野県喬木村 日本ICT教育アワード

117自治体が加盟する全国ICT教育首長協議会(会長・横尾俊彦佐賀県多久市長)は1月30日、「全国ICT教育首長サミット」を都内で開いた。同サミットでは首長の主体的な行動で、ICTを活用して地域の教育課題を解決に導いた取り組みを顕彰する「2018日本ICT教育アワード」の表彰式が執り行われ、文部科学大臣賞を受賞した長野県喬木村、総務大臣賞を受賞した熊本県山江村が表彰された。また、当日の最終審査で決定する日本ICT教育アワードには、愛媛県西条市が選ばれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。