「分かっている」と「知っている」の違い 実験哲学で証明

北陸先端科学技術大学院大学はこのほど、水本正晴同学准教授が実験哲学の手法を用いて、英語の「know」を表す概念と、日本語に内在している「知っている」と「分かっている」の知識概念の違いを、証明したと発表した。5月ごろに出る、オックスフォード出版社の論文集『Epistemology for the Rest of the World』に掲載される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。