公立中学の職場体験実施率98% 国立6割、私立3割

国立教育政策研究所はこのほど、2016年度の全国国・公・私立中学校の職場体験、および高校のインターンシップ実施状況を公表した。公立中学の職場体験実施率は、前年から0.2ポイント減の98.1%。国立は64.0%(同4.0ポイント増)、私立は30.4%(同0.9ポイント減)だった。一方、公立高校(全日制・定時制)のインターンシップ実施率は、前年度から1.9ポイント増の83.7%。専門学科全体での実施率は88.1%となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。