子供の行事体験調査 豆まきは9割、福笑いは3割以下

国立青少年教育振興機構はこのほど、「子供の四季を通したふだんの生活に関する調査」の結果を公表した。子供の季節ごとの行事や伝承遊びの経験、時事問題の認知度などを調べたもので、節分の日の豆まきや恵方巻きを経験した割合は約9割に上った一方で、正月の福笑いや子供の日のかしわ餅を体験した割合は3割を下回った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。