インフルエンザ 学級閉鎖は7745施設に

厚労省は2月2日、2018年第4週(1月22日から28日まで)のインフルエンザ発生状況を発表した。インフルエンザによって休業措置がとられたのは1万139施設。学級閉鎖となったのは7745施設。学年閉鎖は2253施設。休校141施設。いずれも今季最多となった。施設の内訳は、保育所93施設、幼稚園810施設、小学校6913校、中学校1832校、高校411校。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。