「読むから書く・共有する」へ デジタル教科書の可能性

「国語と情報教育を追求する冬季セミナー2018」 情報教育対応教員研修全国セミナーが2月3日、都内で開催された。「新学習指導要領で求められる学びを体験する ~デジタル教科書で実現する主体的・対話的で深い学びとは~」をテーマに、基調講演、実践対談、模擬授業、パネルディスカッションが行われた。(一社)日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)が主催し、光村図書出版㈱などが協力した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。