通信制高校ガイドライン改訂へ 非活動生徒の支援など

文科省は2月5日、「高等学校通信教育の質の確保・向上のためのガイドライン検討ワーキンググループ」の初会合を開いた。2016年9月に策定された同ガイドラインについて、添削や面接の具体的な実施方法、メディア学習による減免措置の運用の条件、1科目も履修をしていないながら在籍している「非活動生徒」への支援などを盛り込んだ改訂案が示され、検討された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。