日教組がアピールを発表 主権者育む実践の推進誓う

静岡県内で2月2日から3日間にわたり開かれた、日教組の第67次教育研究全国集会は最終日の4日、「結成70年を迎え、若い世代の教職員への教育研究の継承が重要。民主的な社会の主権者を育む教育実践をさらに積み上げよう」などのアピールを発表した。全文は次の通り。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。