小学1~3年生 家庭学習は平均36分、週6日

2015年からの家庭学習時間と頻度の推移
2015年からの家庭学習時間と頻度の推移

公文教育研究会はこのほど、小学1~3年生の家庭学習に関する調査結果を公表した。平日の家庭学習の平均時間は35.8分で、頻度は週平均5.8日であるのが明らかになった。

「家庭学習調査2017」は、小1~小3の子供がいる世帯の母親1000人、父親200人を対象に実施。共働き世帯の増加に伴い、子供の家庭学習状況や、保護者の意識・行動について、実態の把握を図った。調査期間は2017年11月24日~28日。

子供が家庭学習に取り組む頻度は、週平均で5.8日。平日の平均学習時間は35.8分で、子供たちが平日を中心にほぼ毎日、家庭で勉強している様子がうかがえた。学習内容は、「小学校の宿題」91.9%のほか、「通信教育の課題」26.4%、「小学校の宿題以外の予習・復習」21.8%と続いた。

わが子の家庭学習について「悩んでいる」母親は42.6%で、相談する相手は「配偶者」という回答が74.4%を占めた。家庭学習に関して母親が怒ってしまう原因として、「だらだらとし、集中してできていない」61.9%、「なかなか宿題(学習)に取りかからない」49.2%、「字が汚く、乱暴に書いている」45.2%などが挙がった。

20年から実施の新学習指導要領の認知について聞いたところ、44.9%の保護者が「改訂されることも、その内容も把握していない」と回答。「改訂されることは知っているが、内容を把握していない」43.9%、「改訂されることを知っており、内容も把握している」のは11.2%にとどまった。

改訂内容で認知度が高いのは、「小学校の外国語教育の教科化」31.9%、「プログラミング思考の育成」30.8%、「学ぶ方法としてのアクティブ・ラーニング」30.0%など。また、「学ぶ方法としてのアクティブ・ラーニング」「答えが一つではない課題に子供たちが向き合い、考え、議論する」など、学び方についての改訂に対して評価する声が上がった。

保護者がわが子に習得してほしいと考えているスキルは、「コミュニケーション能力」が72.0%で最多。次いで、「語学力」56.5%、「社会のルールやマナー」53.4%。保護者自身が教育で身につけたスキルと、わが子への習得期待のギャップが特に大きかったのは、「コミュニケーション能力」「チャレンジ精神」「積極性」だった。

関連記事