若者に向けた自殺対策動画 群馬県が制作・公開

制作された動画で、ラップに乗せてメッセージを伝えるNAIKA MCさん
制作された動画で、ラップに乗せてメッセージを伝えるNAIKA MCさん

群馬県は2月1日このほど、若者に向けた自殺対策動画を制作して公開した。悩んでいる人や周囲に、相談窓口の情報を届け、若い世代の自殺を未然に防ぐのがねらい。

公開した動画は、『君が話したいこと、それだけでいいから』と『違和感、それは気づきの始まりです』の2本。制作に当たっては、県内の大学生から意見を聞き、参考にした。『君が話したいこと、それだけでいいから』では、群馬県出身のアーティストNAIKA MCさんが、悩んでいる本人に向けて「思いとどまって、あなたの話を聞かせてほしい」というメッセージをラップで伝える。

『違和感、それは気づきの始まりです』では、「幸」の漢字が並ぶ中に「辛」、「若」に「苦」が紛れているアニメーションを活用し、悩みを抱える人の周囲に、「SOSを見落とさないでほしい」と呼びかける。

動画はいずれもYouTube上で視聴できる。

①『君が話したいこと、それだけでいいから

②『違和感、それは気づきの始まりです