東書教育賞 最優秀賞は岐阜の宮内校長と鹿児島の原口教諭

教育現場の優れた教育実践論文を表彰する、第33回東書教育賞(共催・東京書籍㈱、(公財)中央教育研究所)の贈呈式が2月4日、東京都北区の東京書籍本社ビルで行われた。「未来を担う子どもと共に歩む確かな教育実践」をテーマに、小・中学校教員と教育関係者から応募があった127編の中から、最優秀賞2編、優秀賞4編、奨励賞5編が選ばれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。