子供のネット上の被害を防げ ユニセフがSIDのシンポ

日本ユニセフ協会は2月6日のSafer Internet Day(SID)にちなみ、同日、東京都港区のユニセフハウスで、子供のインターネットをめぐる課題などを関係機関・団体で話し合うシンポジウム、「Safer Internet Day 2018」を開催した。関連府省庁や事業所、NGOなどの関係者約100人が集まり、児童ポルノやリベンジポルノなどの性被害対策の取り組みについて情報共有を行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。