今後の三つの論点を提示 学校組織運営体制や時間外勤務など

中教審の「学校における働き方改革特別部会」は2月8日、東京都千代田区の東海大学校友会館で第10回会合を開いた。今後の課題となる三つの論点である▽学校の組織運営体制▽学校の労働安全衛生管理▽時間外勤務の抑制に向けた制度的措置――について協議した。「議論では、制度的な位置付けの在り方を重視」「学校経営計画の作成では教職員の知見を生かす」などの意見が出された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。