大学改革で三つの論点 100年時代会議が第5回会合で示す

安倍晋三首相を議長とする人生100年時代構想会議は2月8日、第5回会合を首相官邸で開き、大学改革をテーマに議論した。各議員からは、私大も含めた大学の役割・機能別の枠組みの導入や社会のニーズに応じたカリキュラム編成の実現、大学の連携・統合の制度設計などについて意見が示された。安倍首相は林芳正文科大臣に対し、省内でこれらの論点について検討し、同会議に検討経過・結果を報告するよう指示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。