インフル今季1393万人 全国で警報レベル超え続く

厚労省は2月9日、2018年第5週(1/29~2/4)のインフルエンザ発生状況を公表した。31道府県で前週よりも増加し、全国の患者報告総数は26万8811人、定点当たり報告数は54.33と3週連続で過去最多を更新した。今シーズンの累積推計受信者数は、昨年同期より446万人増の約1393万人となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。