無償化、公立大生にも確実な支援を 公立大協会が要望

公立大学協会(会長・郡健二郎名古屋市立大学長)は2月8日、文科省と内閣府に対し、高等教育の無償化で公立大学生にも支援が確実に行われる制度を設計するよう、要望書を提出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。