東京23区の大学定員抑制に反対 都がシンポジウム

東京都は2月9日、「東京23区の大学の定員抑制に反対するシンポジウム」を、新宿区の都議会議事堂にある都民ホールで開催した。小池百合子東京都知事をはじめ、尾木直樹法政大学教授、タレントのパックンことパトリック・ハーラン氏、八代尚宏昭和女子大学教授が登壇し、国際競争や地方創生の観点から問題を指摘した。同問題に関心を寄せる市民など約250人が参加した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。