弾道ミサイル発射時の学校の対応状況 文科省が調査

文科省は2月14日、「弾道ミサイル発射に係る学校安全に関する学校設置者等の対応状況調査」の取りまとめ結果を公表した。北朝鮮の弾道ミサイルの発射実験を受け、学校における避難訓練の実施や危機管理マニュアル、学校安全計画への反映状況を調査し、事例収集などを通じて取り組みの促進を図る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。