全高長の宮本会長 「体系的な指導要領になっている」

2月14日に公表された高校学習指導要領改訂案について、全国高等学校長協会(全高長)の宮本久也会長(都立西高校校長)は「学びの3要素の育成を見据えた、体系的な学習指導要領になっている」と述べた。同会長に改訂案の評価や、どう具現化していくかを聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。