全高長の宮本会長 「体系的な指導要領になっている」

全国高等学校長協会の宮本久也会長
全国高等学校長協会の宮本久也会長

2月14日に公表された高校学習指導要領改訂案について、全国高等学校長協会(全高長)の宮本久也会長(都立西高校校長)は「学びの3要素の育成を見据えた、体系的な学習指導要領になっている」と述べた。同会長に改訂案の評価や、どう具現化していくかを聞いた。

――改訂案の評価は。

学びの3要素をしっかり育成することを目的に、これまでの学習指導要領を体系的に整理したという点で、よくまとまっていると感じた。育てたい見方や考え方もしっかり整理している。体系的な学習指導要領になったと思う。

「理数探究」「理数探究基礎」など統合的な科目ができたのも、今までにないもの。地理歴史、公民でも、歴史・地理の総合や探究、公共などの科目が生まれた。これからのグローバル社会で、生徒たちに広い視野を持たせるというねらいの現れを感じる。

一方、改訂案では、現行の学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質を高め、確かな学力を育成するとしている。この考え方を全高校の指導で実現できるかが課題になる。

同案では、全教科で主体的・対話的で深い学びを進めながら、確かな学力を育成するという点も目標になっている。しかし、生徒の基礎学力の定着に苦慮する高校などでは、これまでの教育内容を維持しながら、新たに主体的・対話的で深い学びへの対応も考えていく必要がある。

生徒の思考力・判断力・表現力を育成するためには、熟考の機会や時間の確保も重要。新しい授業構成と展開のために、教師の工夫がこれまで以上に必要になるし、学校現場で具現化への大きな苦戦が予想できる。

高大接続改革を踏まえ、大学にも同案に基づく入試改革の実現を期待したい。大学入試の変化が高校の学びにも影響する。

同案を各学校で具現化するためには、教員が生徒の実状をしっかり見つめ、授業や教材研究に力を注げるような環境も重要。環境整備に期待しながら、教師の授業準備を助ける人的サポートなどがあると助かる。

――どう具現化していくか。

同案への対応は、各高校でこれまでの教育課程を抜本的に見直す必要がある。さらに同案には、教育内容の変化だけでなく、従来の指導方法や在り方自体を問い直す観点も含まれている。そのため、各学校の全教員が同案のねらいや主旨を理解した上で、授業改善のためのカリキュラム・マネジメントを進めるのが大事になる。

教員同士で学び合う校内研修を充実させるなど、全校での意識共有を深める体制を工夫してほしい。