年収の35%が教育費 低年収世帯の負担重く

日本政策金融公庫は2月14日、2017年度「教育費負担の実態調査結果」を公表した。世帯年収に占める在学費用(子供全員にかかる教育費の合計)の割合は平均15.5%で、2年連続で低下。200万円以上400万円未満の世帯では年収の35%を教育費が占めており、負担の重さが浮き彫りになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。