小学校向け食育授業アプリ 西南女学院大学が無料公開

選択したおやつのカロリー、砂糖、油の量を確認できる。
選択したおやつのカロリー、砂糖、油の量を確認できる。

西南女学院大学はこのほど、小学校向けのiPad用食育授業アプリ「食育の授業―おやつ編―」を無料公開した。

同アプリは、2016年にリリースされた「食育の授業―朝ご飯編―」に続く第二弾で、子供たちがおやつの適量を学び、望ましい食生活を送るのを目的に開発された。スタート画面で表示される32種類のおやつの中から、好きなものを選んで分量を指定すると、そのカロリー、砂糖、油の量が確認できる。

幅広い学年に対応し、子供たちの積極的な思考や話し合いを促すよう、アプリ内の説明は意図的に省いた。また、現場への導入しやすさを意識し、教員が事前に設定する必要がなく、Wi-Fi環境のない教室でも使用できるような設計にしている。食育の授業を目的としたアプリは、ほとんどないという。

「食育の授業」アプリは2種類とも、App Storeから無料でダウンロードできる。

関連記事