新教育要領など踏まえ 幼稚園の施設整備指針を改訂へ

文科省の「学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議」は2月15日、第4回会合を開き、同会議の幼稚園施設部会で議論が進められてきた「これからの幼稚園施設の在り方(報告書案)」を議論した。報告書には幼稚園施設整備指針の改訂も含まれ、少子化やニーズの多様化、幼小連携、新幼稚園教育要領への対応などを踏まえ、年度内の策定を予定している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。