体罰容認派が約6割 家庭のしつけ・体罰を調査

「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」は2月15日、家庭での子供のしつけや体罰に関する意識・実態調査の結果を公表した。しつけのための子供への体罰は、容認派が約6割に上った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。