給付型奨学金の認知度 保護者は3割、高校生は2割以下

今年度に新設された日本学生機構(JASSO)の「給付型奨学金」を、知っている保護者は3割、高校生は2割にとどまり、十分認知されていないことが、全国高等学校PTA連合会とリクルートマーケティングパートナーズの合同調査で、このほど明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。