学校環境衛生基準を一部改正 教室の温度などで基準変更

文科省は2月15日、学校保健安全法に基づき、教室環境などの検査項目やその基準、検査方法などを定める「学校環境衛生基準」の一部改正案に関するパブリック・コメントの募集を開始した。制度改正や学習環境の変化などを踏まえ、室温や水道の水質に関する基準や検査方法を変更するほか、机や椅子の高さに関する規定を廃止する。パブリック・コメントの実施期間は3月16日までで、改正された基準は来年度から施行される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。