国公立大入試2次の志願状況 志願者数は46万5708人

文科省は2月15日、2018年度国公立大学入学者選抜の第2次試験志願者数と、2段階選抜の実施状況を公表した。

志願状況では、国公立大の総募集人員10万547人に対し、志願者数46万5708人で、4.6倍の志願倍率になった。前年度比で0.1倍下がった。

学部系統別の志願状況では、国立大の教員養成系で、総募集人員9905人に対して志願者数が3万8324人。志願倍率は3.9倍だった。前年度比では0.1倍減となっている。

国立教員養成系大学別の志願者数と志願倍率などは、▽北海道教育=募集915人に対し、志願者数3496人の志願倍率3.8倍▽宮城教育=募集281人に対し、志願者数947人の志願倍率3.4倍▽東京学芸=募集884人に対し、志願者数2961人の志願倍率3.3倍▽上越教育=募集110人に対し、志願者数667人の志願倍率6.1倍▽愛知教育=募集707人に対し、志願者数2410人の志願倍率3.4倍▽京都教育=募集195人に対し、志願者数557人の志願倍率2.9倍▽大阪教育=募集748人に対し、志願者数2673人の志願倍率3.6倍▽兵庫教育=募集102人に対し、志願者数526人の志願倍率5.2倍▽奈良教育=募集218人に対し、志願者数1276人の志願倍率5.9倍▽鳴門教育=募集83人に対し、志願者数506人の志願倍率6.1倍▽福岡教育=募集456人に対し、志願者数1701人の志願倍率3.7倍――などとなっている。

2段階選抜を実施した国公立大学と学部は、21大学の40学部だった。

関連記事