大学入試ミス18年間で4千件 ピークの15年度は300件超

文科省は2月16日、各大学から報告された入試ミスの件数を公表した。2000年度からの18年間で、国公私立合計で約4千件のミスが報告されており、昨年度は153大学291件だった。また00年度には28大学33件だったのが、ピークの15年度では178大学325件に上り、その後も250件以上の高止まりとなっている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。