月1万円超の賃上げ要求9割 春闘に向け全教が調査 

2月15、16日に開かれた全日本教職員組合(全教)第35回定期大会で、2018年国民春闘に向けた「教職員 要求・意識アンケート」の結果が発表された。全体の88.3%が月額1万円以上の賃上げを要求し、55.2%が評価結果と賃金のリンクに反対だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。