採用試験に「小学校全科(英語コース)」新設 相模原市

相模原市はこのほど、2018年度の教員採用試験を、これまでの方法から一部見直して実施すると発表した。同県内初の変更として、小・中学校教諭の免許状を併有する受験者には1次試験の加点を行う。新学習指導要領を視野に入れた、指導体制の充実が目的。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。