外国語指導や道徳の評価など 都が教育課題研究発表会

東京都教委は2月20日、さまざまな教育課題に対し進めてきた研究の成果を発表する「教育課題研究発表会」を、都内で開催した。小・中・高の教員を中心に、約500人が参加。「主体的・対話的で深い学び」の視点に立った授業づくりや、「特別の教科 道徳」の評価の在り方など、5つの研究テーマについて分科会形式で発表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。