教員資格認定試験の手数料値上げ 事務移管に伴い

文科省は2月20日、教員資格認定試験規定の一部を改正する省令案について、パブリックコメントの募集を開始した。来年度から同試験の事務を教職支援機構に移管するのに伴い、手数料が小学校教員資格認定試験の場合で約1万円上がる。同試験は、大学の教職課程を修了していなくても、教員免許を与える機会として開かれた制度で、教員免許を持たない社会人などが教員を志望して受検するケースも多い。費用負担の増加による受検生の減少など、教員の多様な人材確保に影響する可能性もある。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。