茨城県取手市いじめ自殺 教育長が対応責任で辞職へ

茨城県取手市の中学3年生が2015年に、いじめを苦にする日記を残して自殺した問題で、同市教委の矢作進教育長は、同問題への対応を巡る責任として、3月31日付で教育長を辞職すると発表した。辞職願は2月19日付で市長に出され、20日に市教委が同意した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。