グローバル・コンピテンス調査 日本は不参加の方針

文科省はこのほど、OECDによる2018年のPISA(生徒の学習到達度調査)から新たに追加されるグローバル・コンピテンス調査で、日本は不参加とする方針を示した。同調査で出題される問題が、多様な文化や価値観による影響を受ける可能性を懸念し、慎重な議論が必要と判断した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。