自民が部活動改革で骨子案 「スポーツ立国実現の危機」

自民党のスポーツ立国調査会は2月20日、「ポスト2019・2020を見据えた地域スポーツの在り方に関する緊急提言」の骨子案を取りまとめた。中学校の運動部活動は、少子化や教員の働き方改革の影響で現状では持続困難であり、「スポーツ立国実現の危機」にあるとして、総合型地域スポーツクラブや民間スポーツクラブへの移行などによる抜本的な改革を求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。