トランプ大統領、教員の銃携行を検討 乱射事件受け

ドナルド・トランプ米大統領は2月21日、銃乱射事件が発生した米フロリダ州の高校の教員や生徒とホワイトハウスで面会し、学校の教員に銃を携行させる案を検討すると表明した。英・ガーディアン紙など海外メディアが報じた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。