19年度からデジタル教科書併用へ 反転授業への対応も

政府は2月23日、デジタル教科書を紙の教科書と併用して使用できるようにする目的で、学校教育法や著作権法など関連法の改正案を閣議決定した。2019年度からの施行を予定している。「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善や、障害などにより紙の教科書では学習が困難な児童生徒の支援につなげる。また、学校のICT利活用を促すため、反転学習などに対応した著作権法の改正も行われる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。