子供たちの未来への道しるべ 博報教育フォーラム開催

パネルディスカッションなどが行われた第15回博報教育フォーラム
パネルディスカッションなどが行われた第15回博報教育フォーラム

(公財)博報児童教育振興会(成田純治理事長)主催、文科省後援の「第15回博報教育フォーラム」が2月24日、都内で開催された。テーマは「つながりが生み出す 未来への道しるべ」。基調講演やパネルディスカッション、今年度第48回博報賞受賞者の事例発表などが行われた。

基調講演には、鹿毛雅治慶應義塾大学教授が登壇。「『未来への道しるべ』とは~一歩先に歩み出すために~」をテーマに、子供たちが歩み出すために必要なことについて話した。

「『道しるべ』は、一歩先に歩み出すためのガイドで、目的地と方向と距離が示されている。さまざまな環境から投げかけられたり、本人の心の側にある。それは未来への分岐点となり、意思決定が必要である。より良い意思決定をするためには、目指すべき地点が明瞭化、具体化されていること。立ち止まって先を見通すこと。その際、一歩踏み出すためには、やる気(動機づけ)が大切であり、希望と意欲(意志と欲求)が必要で、当人にしかできない。誰かがそこに連れていってくれるわけではない。また、動機づけには重要な要因として期待と価値が影響しており、その掛け算である」とした。

事例発表には、▽小西嘉朗滋賀県甲賀市立甲南中部小学校校長▽島根県奥出雲町文化体験実行委員会▽新潟県津南町立津南中学校――が登壇。順に、「『その子らしさ』を生かす発達支援~縦と横の連携を紡ぐ~」「チーム奥出雲で取り組む『たたら体験学習』~未来へつなぐ絆とふるさとへの誇り~」「町を支え、町に支えられて行う、地域貢献の取り組み」と題して話した。

パネルディスカッションでコーディネーターを務めた嶋野道弘元文教大学教授は、各事例の発表やグループセッションでの議論を踏まえ、「自分と人や社会や自然とのつながりから、『道しるべ』を見つけ出し、『道しるべ』を辿って未来を目指すのは子供にとっての“ときめきの旅”です。子供を“ときめきの旅に出しましょう」と結んだ。

3つの発表事例の詳細は、同財団ホームページへ。

あなたへのお薦め

 
特集