新指導要領で有識者シンポ 「教師が主体性発揮を」

総合初等教育研究所主催の第21回教育セミナー(文科省・東京都教委後援、文溪堂協賛)が2月24日、都内で開かれ、教委関係者や教員、学生ら約650人が参加した。テーマは「新教育課程に基づく授業の構想―資質・能力の育成を目指して」。新学習指導要領について有識者によるシンポジウムが行われ、主体的・対話的で深い学びを念頭に置いた授業の在り方などが議論された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。