運動部活動ガイドライン案を精査 高校も原則適用に

スポーツ庁は2月23日、「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議」の第7回目会合を開いた。高校の運動部活動も同ガイドラインを「原則として適用」するとしたほか、より一層の教員の負担軽減策や、成長期の女子生徒への適切な指導に関する内容などが加えられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。