総合型地域スポーツクラブ 学校への指導者派遣は約1割

スポーツ庁は2月27日、総合型地域スポーツクラブに関する実態調査結果を公表した。同日に開催されたスポーツ審議会健康スポーツ部会第3回会合で示された。現在、学校の部活動や体育の授業に指導者の派遣を行っているクラブは、全体の約1割あった一方で、学校との連携を特に行っていないクラブも約半数に上った。総合型地域スポーツクラブの増加は近年横ばい傾向で、後継者の人材確保が課題となっているクラブも多い状況が明らかとなった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。